2011年12月22日

ソーシャルネットワークの進化スピード

ツイッターからFacebookに軸足が移って、今更ながらソーシャルネットワークによる、

コミュニケーションの進化に驚いています。

インターネットはあらゆるシステムの基盤を構成しつつあります。

便利で安価ですが、インターネットがダウンするとその影響は図り知れません。

従来は、ビジネスベースで語られたシステム利用が、

個人ベースのソーシャルネットワークとしてのコミュニケーションツールとして

利用され、そのウエイトが高くなり続けています。

既存の組織に属している感覚から、全く別のネットワーククラスタと日々コミュニケーションを

取り続ける事は、私 個人的にも いくつものゆるい組織に属している実感があります。


自ら発信、自ら成長を求めるところのフォローを如何に行うか、

業務のアウトソーシング的な対応を模索していましたが、その方針を大きく変えざるを得ません。

友達が増えてコミュニケーションをとるところはますます繋がりが深くなり、

その試みを行わないところは、その大きな流れにのることなく、立ち止まる。

続きを読む
posted by 靖庸 at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Web