2012年01月29日

広島まほろばの会 素読の集い

本日、午前中に 広島まほろばの会福山教室 素読の集いがありました。

第2回目から参加させて戴き、今回が第4回目の開催です。

松田雄一氏が、ご自身で教材を作り 子供達に古文や漢文、

かつての童謡、唱歌等を素読でリズミカルな

日本語が白紙の子供達に吸収されていく。

子供達に負けずと、大きな声を出して素読を行うと、

私の隣で初めて参加した年少のお子さんの声が聞こえる、

大きな声を出すほど、その子も一緒に声を出してくる。

今、失われたもの、教育は数十年の年月を経ないと結果がでない。

続きを読む
posted by 靖庸 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー&教室

2012年01月27日

日曜日にUst発信をおこないます。

弊社のアカウントではありませんが、Ust発信を日曜日に行います。

取り立てて新しい事ではないのですが、

月一回のUst発信を定期的に行うように、

設定して初回のライブ発信となります。

ソフトバンクモバイルが持っているスタジオをお借りして発信です。

放送の内容が、素晴らしいので是非とも番組として

定例化したいと思っています。

戯言であれば、いくらでも発信できますが、意味あるメッセージが

確実に届く事は、

今のネットインフラの整備と、freeで発信できる事に感謝です。m(_ _)m

情報は発信者と、受信者それぞれに価値を持つときに、

情報が生きてきます。

価値が見いだされない情報はゴミと一緒ですから、

価値ある情報が求めている人にきちんと

届くようにして行きたいですね。
posted by 靖庸 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Ust

2012年01月13日

Webマーケティングについて

「食べログ」の話題についての反応はそれぞれといった感あり。

無料のサイトが有料課金に移行する時に、やらせ行為が発生したのは、

食べログの代理店の一部が、さくら要素の口コミ投稿や、

アクセスアップのSEO的なコントロールを営業ポイントに

活動を始めた事による。

代理店活動をより積極的に展開する流れで、有料サービスも

3つのコースを設定。従来の安価な料金は姿を消した。

続きを読む
posted by 靖庸 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Web

2012年01月11日

ミーティングと戦略

ネット戦略は、総合的なマーケティング対応が要求されます。

あたり前と言えば、あたり前の事ですが。

このことを最近ひしひし(大げさ)と感じます。

飲食店のネットサポートの初期段階では、

ネットへの情報アップのアウトソーシング的な事でも、

充分他との比較において、機能していました。

しかし、昨年からのソーシャルネットワーク、

特にFacebookの利用が進むにつれて、

マーケティング的な視点をきちんと持った戦略、

作業でないと効果が薄れている感が大です。

続きを読む
posted by 靖庸 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Web

2012年01月06日

あけましておめでとうございます。

昨年の、大きな震災の影響がまだ続く年明けとなりました。

ヨーロッパの経済危機、同様に米国の経済不安と、

世界的には不安を抱えた年明けです。

国内は東日本特に、東北地方は震災の影響からの復興。

また福島県は放射能被爆が継続している状態からの、

行政無策と言うか、避難できないような状況が続いています。




昨年からの国内の状況を戦争状態と例えるコメントも多く見かけます。

従来から、信頼していた組織、仕組みが実はそうでなかったという、

意外な展開も多く見受けられ、今後の日本のありようを、国民自ら考え、

自ら判断して行く必要が増しているように感じます。

ソーシャルコミュニケーションのさらなる活用で、ツイッターから

Facebookの利用者の増加のスピードが増しています。

発信する情報の内容、タイミング、個性が問われて、

本当のソーシャルメディアに育っています。

Web活用においては、利用方法の変化とともに、私どものサポート内容も

当然変わって来ています。

単なる告知的な情報発信からもっと継続性があり、かつキャラクターが

明確に表現された状態が求められています。

当たり前の事ですが、自ら関わり、自らの言葉で発信する。

この動きをしっかりサポートさせて戴きます。

他人任せでは、メッセージが伝わり難くなっています。続きを読む
posted by 靖庸 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記