2012年02月27日

企業内のデーターベース構築

企業内にデーターベースはありますか?

企業規模によって、エクセルベースで間に合うものから、

データーベースサーバーが稼働していてリアルに更新が

かかっているものまで、扱う量、規模によって様々です。

他の関連サイトで、CRMからCMRへと顧客管理の動きを、

アップしてみました。

ソーシャルコミュにケーションの有り様を考える意味でも、

マーケティグ考察をしっかりしてみましょう。
x3200m3_s.jpg続きを読む
posted by 靖庸 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス

2012年02月26日

ビジネスセミナーに出席しての気づき

本日、はじめ塾のビジネスセミナー第3回目(6回開催予定の3回目)に

出席して、いくつかの気づきがありました。

Tamana工房さんの社長さんはじめ、みなさんが人としての

成長を毎日楽しみに、仕事が回っていること。

そのコンサルティングに、「心価」をベースとする、

はじめ塾の斉藤肇先生が関わっていること。

一般の企業では、ここまで会社と社員のベクトルが

同じ方向に向くことは難しいでしょう。

マクロビランチ
sSANY0203.JPG
続きを読む
posted by 靖庸 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Web

2012年02月23日

携帯メール発信はいつまで

携帯メールによる、メール発信で会員管理を

行っているところは多いと思います。

ユーザーが何処にいてもタイムリーに情報が

届くメール発信は、プッシュ情報発信には

有効な方法です。

今、ガラケーからスマートフォンに移行途上です。

携帯メール発信のシステムによっては、

iPhoneが使えるソフトバンクメールに

向けて発信できないものもあります。
続きを読む
posted by 靖庸 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Web

2012年02月21日

ウエブ効果は、どのように見極めるか

Web=インターネット環境で、どの程度のネット効果を見極めるか?

ネット集客を行っている立場からの気づきを幾つか書き出してみます。

中小の地方の飲食店舗にとって、どの程度のエリアがマーケットに

なりうるかという視点で見ると、

お店の立地による所が大きいように思います。

駅前の店舗であれば、駅の乗降客のウエイトが高いでしょうから、

日常利用する通勤客であったり、土日に買い物で移動する人達と、

他の場所よりも人の動きが多い分だけ、お客さんになりうる確率も高い。

しかし、同時に店舗密度も高くお互いの競争も熾烈になる。

客単価と、客の回転率、当然地代も余計にかかる。

実店舗ベースで既に、味とサービスを他店より優位に持っていけば

集客には困らない要素が多い。続きを読む
posted by 靖庸 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Web

2012年02月11日

サポート費用の改定を行いました。

お客様 各位

サポート費用の改定を行いました。

従来サービス価格でご提供してまいりました、

各種サポート価格を、通常料金に改定いたしました。

http://web-consulmarketing.jimdo.com/

業務内容と、実績を反映させていただき一般価格に戻させて

戴きました。 今後発生します料金に反映させて戴きます。
続きを読む
posted by 靖庸 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス

2012年02月03日

飲食店のフォロー先の方々が自ら動かれ始めました

ネットは、ソーシャルの動きとともに、自ら情報発信する事がより求められています。

従来は、お店情報として営業時間や、メニューの変更等

本来のお店のお客様にご提供する一般的な内容の

発信でも充分な時がありました。

しかし、ネット経由での人の繋がりの動きが活発化した

今では、商売としての表向きの顔はもちろんですが、

それ以上に、個人としての人間性、人としてのおつきあいを

ネット経由でいかにコミュニケートするかといったところが

大きなポイントになりつつあります。


続きを読む
posted by 靖庸 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Web

2012年02月01日

お年寄りをターゲットにしているビジネスこそWebを

よく聞く話 

私どもの商品の購入者はお年寄りが多い、ご利用者・来店者もお年寄りがおおいので

ネットの利用はあまりメリットがない。

そうでしょうか?

お年寄りのユーザーとしての期間は若い人をユーザーとして継続して

行く場合とどちらが長い期間のユーザーであり続けますか?

若い人をユーザーにして、長く繋がりを持つビジネスの方が

先がながいですよね。続きを読む
posted by 靖庸 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Web

VISAデビットカードの利用をお勧めします。

おはようございます。

今日から2月 また新しい気持ちで新しい月をいかに過ごすか

じっくりプラン作成中です。

ネット利用にかかせなくなったのが、ネットバンクとカード決済

カードを便利に使いましょうといいながら、高利貸しのごとく

高利の貸し付け枠を提供したり、

リボルビング払いのように、消費者に過剰与信に繋がるような

動きが多くみられました。

このローン付きのカードは借金の癖をつけてしまいます。

むしろ、貯蓄の癖とか手持ち現金の中での生活をするということを

習慣つける事の方が、大切でしょう。

クレジットカードはファイナンシャルプランナーの立場からは、

お勧めしません。

今の個人消費の落ち込みは、かつての過剰与信による、

個人信用に膨張の反動の一因でもあります。

賢く、カードを使う人より、借金生活を始めるケースの方が

圧倒的に多く見かけます。

続きを読む
posted by 靖庸 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | FP