2012年04月02日

ネットソーシャルでは充分に相手を見て対処を

4月に入ると、新たな気持ちになって、

一つ節目を付けると言うか、区切りを付けやすい時期です。

ネットコミュニケーションは限られた情報量の中で

交流を持つ場でもあります。

ネットゆえの気軽さと、手軽さかがあり、

リアルな現実とは違った世界が展開されるケースが

あります。

20120402.JPG
そこには情報量の圧倒的な違いがあり、

ややもすると、相互で誤解を生みやすい

ケースが発生しやすくもあります。

時間は限られたものであり、

いかに人生の時間を大切にするかは、

求めようとする物が何であるか、

うっかりすると、無駄に時間を浪費して

しまうケースも多く見かけます。

ネット上で、毎朝の習慣が

新聞を読む→TVのニュース番組を見る

→スマフォでfacebookをチェックと

起きて直ぐにする事の変化を解説していましたが

毎朝無意識に繰り返される習慣が、

時代とともに変化して来ています。

私は新聞を読む、TVを見る習慣は既に

止めています。

スマフォでfacebookをチェクする習慣も

果たしてどうなのかと思い始めています。

無意識の中で繰り返される習慣は、

しばし立ち止まって本当に必要かどうか、

チェックして見る。

年度替わりはそんな何気ない事の大切さを

自覚する瞬間でもあります。



posted by 靖庸 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Web
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54776529
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック