2013年04月09日

ホームページはWebサイト。

デザインが優れているかなと、思えるホームページ制作会社が提供している。

テンプレートのデザインの拡がりが、限られる事。

ホームページの役割・効果が個々の企業体、団体によって違いがあることを考えると。

テンプレートの構成内容が、一般的な作成効率を求めると、出来上がりのホームページが

どれも同じ傾向のデザインで統一されてしまう傾向があります。

デザイナーの持つデザインセンスは人によって違いがあります。

あっ! このホームページは、あの会社が作ったホームページだと分かる傾向が出てきます。

画面構成、バナーのデザイン、掲載写真の傾向、フラッシュの多用等。

ホームページに求める役割によっては、通常のテンプレートによる制作で

充分なものがあります。そのケースはネット上の看板としての役割ですね。

iタウンページ的に、組織名、場所、電話番号、業種、業務内容が載ってればいいという

ケース。ネットにアップしてある事で存在確認ができるという事です。

しかし、営業的な売上アップ、ECサイトとしてのネット販売、広い意味での集客等の

効果を一歩進めようとすると、構成やアップするコンテンツの内容、更新頻度等の

多くの要素が要求されます。

>>続く
posted by 靖庸 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Web
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64688411
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック