2013年09月12日

ブラウザでシンクロ設定を行う。

インターネット閲覧情報を、共有させるメリットとデメリット。

インターネットのアクセスは、パソコンよりもスマホ等のモバイル端末からのアクセスが、

多くなっています。

ID、パスワードを入力するサイトが増えると、端末毎に対応するって手間です。

私の場合は、firefoxとchromeを併用しています。IEは必要な時だけ使います。

メインはfirefox インターネットのブックマーク、閲覧履歴、ID、パスワードが

すべてシンクロします、これって凄く便利です。

firefoxはシンクロ設定がちょっと手間ですが、その分セキュリティーがしっかりしています。

ネットアクセスをシームレスに行う上でも、シンクロ機能設定をお勧めします。

ここまではメリット、デメリットは、

家族、社員などでパソコンを共有する場合はお気をつけ下さい。

その時は、それぞれのブラウザで履歴を残さないで閲覧できる機能を使いましょう。

便利さは、同時にセキュリティー運用を求められます。

IEは、会員登録、ネットショップ画面等でIEでないと画面が遷移しない事があります、

その時だけが出番です。

アプリに完璧さを求めても、相性は相手のあることです、便利に使い分ける事が

ストレス無くネット社会を生き抜く智恵です。
firefox.jpg

http://www.mozilla.jp/firefox/sync/
posted by 靖庸 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74651340
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック