2011年06月06日

第9回瑠璃光双樹平和音楽祭のお知らせ

7月2・3日(土・日)午前11時〜午後4時まで
       出演:ミネハハ(13:30分〜)
  ミネハハの紹介動画
■ ミネハハ、古代杉に歌う♪
 http://www.youtube.com/watch?v=PZh-JKSzgLc
■誰より愛しい人
 http://www.youtube.com/watch?v=YgJb3Pk-t20
チケット料金は 大人2,500円 中学生以下 1,000円
        幼児は無料
主催・場所 西光禅寺
      広島県三次市吉舎町敷地610
      TEL&FAX 0824−43−3029
      携帯  090-2002-6274
      e-mail saikouji@s4.dion.ne.jp
posted by 靖庸 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2010年02月24日

検察批判に腰が引けているマスコミ

「郵便不正にからみ虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の公判で」

検察の「供述調書はでっちあげ」と報道する
時事通信・

「次々と検察主張否定、ゆらぐ検察の構図」
TBSニュース

他のメディアでは、元係長が供述を否定とトーンが変わる。

先程のNHKのニュースでも供述を否定したと報道しているが、

各社の記事を読み比べると、時事通信の報道がもっとも
核心をついていて、検察が勝手に事件をねつ造し、供述も
検察が勝手にねつ造したもので、あきらかに冤罪事件でしかない。

やはりNHKは、英国のBBCには、なれない。
posted by 靖庸 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | News

アリコジャパンに業務改善命令

「金融庁は24日、情報管理体制に重大な不備があったとして業務改善命令を出した」

この個人情報漏洩問題は、どうも歯切れが悪い。

私が、言ってきたように、顧客データーが登録されたサーバーが
どこに設置してあって。どこらかアクセスされているのか?

当然、バックアップ対応として、分散管理もしているので、
外資の場合には、本国サーバーにもデーターがある事が予想される。

アリコジャパンの場合には、あくまでも私の予想として、
情報漏洩があった場所は、国内ではないという事を言ってきた。

それが、アメリカではないのなら、中国か?
アクセスだけの問題ではない。

原因がはっきりしないままに、業務改善命令だけで、
再発防止にはならない。
posted by 靖庸 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2010年02月05日

東京地検とマスコミのデタラメ

郷原信郎元検事が、小沢一郎に対する東京地検特捜部の捜査方針を厳しく批判していたが、結果不起訴になった。

これが東京地検特捜部とマスコミの崩壊の始まりになる。

先日までは、Xデーがいつか?といった確定したような
報道をして来た。また検察がそのような情報操作を行った。

起訴と不起訴では、報道する側としても扱いが違うで
あろうに、どうしても辞任に追い込みたいような報道が続く。

やはり、新聞報道と記者クラブのあり方からすると、
新聞のメディアとしての信頼性と役割はもう
ピークを過ぎたと言った感じを持つ。

マスコミ報道のデタラメさと、誤報道を平気で流し
訂正報道を行おうとしない無責任メディアは信頼できない。

posted by 靖庸 at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2010年01月20日

官僚組織である東京地検特捜部とマスコミの崩壊

マスコミの記者クラブの弊害がネットで鋭く指摘され始め、官僚組織である東京地検特捜部の共倒れがおきそうな様相を呈してきた。
きっこのブログで紹介されている、江川さんの「正論」が
適確に指摘されているのでここにリンクを張らせて戴きます。

東京地検特捜部の判断は常に正しいのか?

「正義然とした行動が、組織の温存の為ののものであれば、
 とんでもない組織かもしれない」
もう少しで、実態が明らかになる。
新聞社も、無批判に戦争荷担した責任を感じると報道の責務を
述べながら、行っている事は戦前も、戦後も変わらない、
JALのようになっても支援する価値のない組織かもしれない。
記者クラブの弊害ここに極まれり。続きを読む
posted by 靖庸 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2009年12月20日

片山右京さんの事故

富士山で、片山右京さんが遭難したとのニュース速報が流れた時に、一瞬ダメかという思いが脳裏をかすめましたが、
無事下山して来たという報道で、ホットするも、
一緒に登山した会社の人達が、
帰らぬ人になってしまった。

片山右京さんの、直筆のサインがあるカレンダーが
手元にある。
引出に入っていたものを出して見ている。

2003年のTeamUKYOUと表示のある卓上型のカレンダーです。
三洋電機がスポンサーになって、レースや登山での活躍シーンが
ネットで紹介されていた。
その時に、直筆カレンダーのプレゼント企画があって、
応募したら、当たって送られて来たものです。

くじ運が悪いのに、当たってしまったので、大切に保存して
おいたものです。
サファリラリー、ヒマラヤ登山、F−1レース等
月替わりで、活躍シーンの写真が載っている。

今回の事故で、当面活動を休止するようですが、
お二人のご冥福をお祈りするとともに、
右京さんの、再起も期待しています。
続きを読む
posted by 靖庸 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2009年12月15日

中国外交と、アメリカとの距離感覚

小沢さんが、中国訪問をしたあたりから、マスコミが騒ぎ出した、
沖縄の米軍基地の移転の問題がすっきりしない事、アメリカの強圧的な、軍部の意向が従来の自民党のように通らない事へのいらだちも
あって、アメリカの対日工作がやたらと活発になっているような感じです。

TV、新聞のマスコミがいっせいに民主党の攻撃に転じています。

先ず、鳩山総理の個人献金処理についてですが、
鳩山家の政治資金規正法違反については、そもそものその法律ができた経緯からその趣旨をしっかり考えなければならない。

政治家が4代も続いて、財をなしているように見えるが、


続きを読む
posted by 靖庸 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2009年12月07日

日米核密約について

日本の歴代総理で、核密約について、嘘をつき続けてきた
政治や外交に対する国民の不信感を増幅させた。

自民党政権を維持する為に、行った行為は、
国民主権の元ではあってはならない事です。

ある時期までは許されるが、ある時期を過ぎた時から、
政権の保身の為の嘘をついたことが、いかにダメな政権で
あったかという検証になってしまった。
嘘が許される時期と、許されない時期がある。
歴代総理は嘘つきであった、政治家は嘘つきであることが、
教科書に載ってしまう。

アメリカの核の抑止力と、日本の非核三原則の整合性が問題。

軍事面でアメリカ主権をいつまでも許してはならないでしょう。
日本は主権国家なので、日本国の現実的な政策を立案しなければならない。

国民一人一人は、自分の意見として、この問題に自分としての
明確な態度を決めなければならない。
貴方の1票が日本の政治をつくるのだから、
無責任な、評論家や調子者のコメンテーターの言葉に迷わされる事なく、考えて考えて自分なりの考えをまとめる事。
日本国民としての責任でもありますね。

posted by 靖庸 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2009年11月12日

アリコの情報漏洩問題

金融庁は、まったく指導に入っていないのでしょうか?
どうも、今まで日本の金融に圧力をかけてきた、アメリカの会社なので、腫れ物に触るような対応しかできないのでしょう。
まして、世界同時不況の、ババつかみをしたAIGグループ企業ですし、ゾンビと揶揄されたように、企業の存続に不確定な要素が拭えず、対処に苦慮している状況としかコメントできません。

どうも、この会社の、事件発覚後のプレス発表は、充分納得のいく説明がされないまま、通販事業のTVCMや、新聞広告を再開した事が企業責任として、あまりにまずいと言わざるをえません。

私が懸念した、アメリカの基幹データーからの漏洩という、
アメリカが舞台でなく、データー処理を委託していた中国の
企業内で発生した問題らしいとの、報道が出てきました。

あくまでもらしいとのコメントです。続きを読む
posted by 靖庸 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2009年10月12日

104番号案内が激減

NTT西日本、東日本が行っている「104」をダイヤルして知りたい電話番号を聞く番号案内サービスの利用件数が平成15年の約5億3千万件から20年度は2億6千万件と、5年で半分以下に激減している。インターネットの普及で104にかけなくても、簡単に知りたい電話番号を検索できるようになったことが大きいとみられている。番号案内は明治の電話開設以来約120年間続くが、年間数千万件減少しており、このまま続けばサービスの存続にも影響を与えかねない状況だ。
 両社のまとめによると、番号案内は平成元年度の年間12億8千万件がピークで、その後微減が続き、8年度は8億4千万件に。13年度の6億1千万件以降、減少幅が大きくなり、年間4千万〜8千万件が減少。19、20年度はいずれも前年度比5千万件ダウンした。
 最近の激減ぶりについて両社は複数の原因を指摘しているが、かつては番号案内で調べていた店舗などの番号が、インターネットや、ネット接続できる携帯電話の普及で簡単に探せるようになったことが一番大きいと分析。番号登録しない個人宅も増えたという。
 「104」はかつて無料で赤字が常態化していたが、分社化する前の2年度に有料化。現在固定電話からは月に1回だけの利用で60円、2回以上で90円で、公衆電話は100円だ。(MSN産経ニュースより)
このニュースから、この傾向の意味するところは続きを読む
posted by 靖庸 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2009年10月05日

植草一秀さんが帰ってこられた

昨日、無事帰還を果たされました。
私は、冤罪だと信じていますので、この2ヶ月間、
特に衆議院選挙までの、ブログのアクセスランキング1位の数字は、
多くの支持者の気持ちの表れだと確信します。

自民党の圧力下のマスコミが、今後民主党政権下で、
植草一秀さんや、森田実さんからコメントを求める為に、
TVに出演される事を期待しています。

政権の圧力だったのか、マスコミの自己規制だったのか、
事実は分かりかねるが、どちらにしても日本のマスコミは
その程度のものでしかないという事です。




続きを読む
posted by 靖庸 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | News

中川昭一さんの死を悼みます

どことなく、人なつっこい感じで、好きな政治家の一人でした。
マスコミバッシングによって、大臣の職を辞して、
自民党の大敗の責任を感じながら、早すぎる死ですね。

惜しい政治家を失ったと思います。
自分の言葉で政策としゃべる事でできる方でしたからね。

謹んでご冥福をお祈りいたします。
posted by 靖庸 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2009年10月01日

アリコの問題は解決したのかな?

7月27日に書いた、アリコの個人情報漏洩の問題が、
うやむやになっている。

このアメリカ資本の会社については、マスコミが報道する時に
腫れ物に触るような感じで、正確な報道がなかなかなされない、

システムコンピューターからの個人情報の漏洩問題が、なんだかそのままになっていて、漏洩の範囲が特定できたが、それ以降の報道が
なされていない。私は、アメリカでの漏洩かもと書いたが、
その訂正をしようと思っていたが、もうしばらく正確な報道を待つことにする。
個人データーがアメリカのコンピューター上で管理されている事には
変わりがないので、アメリカでの漏洩も否定できないはずである。


続きを読む
posted by 靖庸 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2009年08月21日

国旗の流用問題と保守?意識

民主党の鹿児島4区で、日の丸を切り貼りして民主党の党旗として
使用した事を、ことさら麻生総理が攻撃している。

国旗である日の丸にたいしてそんなに思い入れがあるのか、
あるかのようなポーズをとっているのか、
それにしても、民主党の党旗は、日の丸を使って作れるんだ。

目くそ鼻くそではないが、国粋主義者ぶる感覚もいかがなものか、
こんなことで、政策論争をパスしないで欲しいものです。

日本国が、敗戦後世界の指導的立場に立つことを、避けて
アメリカ追従で国政を行う事の是非等、外交上の日本の立場と
方向性をもっと討論して戴きたいものです。続きを読む
posted by 靖庸 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2009年08月15日

酒井法子の話題

酒井法子については、先月のニュースで大きな話題になるまで、
まったく関心がありませんでした。

昔、歌番組で歌っている歌手を見て、名前を言えない人は、おじさんだなと思っていた事があり、そのうち自分もそんな事に関心がないおじさんになるのかなと危惧していました。

やはりその通りになってしまったようですね。
TVをあまり見なくなると、言葉は悪いですが「じゃりタレ」とか芸能界といわれるものには全く関心がなくなり、情報が入ってきませんし、その方面にアンテナが向かなくなります。

スルーしてしまう情報になってしまうんですね。


続きを読む
posted by 靖庸 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2009年08月14日

植草一秀の『知られざる真実』がトップ

政治ブログランキングのトップを維持し続けている。
冤罪であるとの支持者の声が、植草さんの収監以後、
このブログを、ランキングのトップに押し上げ、
ずっとトップを維持し続けている。

獄中での事故による、生命の心配をされる方もいて、
世間の注目と、支援の声を届ける意味で、このランキングトップは
非常に意味のあることだと思います。

60日間という間、この支援者の数は増えることはあっても、
減ることはないでしょう。

posted by 靖庸 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2009年08月05日

クリントン夫妻が、北朝鮮に発したメッセージ

アメリカの良識を感じる、ニュース。
訪朝したクリントン元大統領が米人記者解放にあたり、
日本人拉致問題の解決を「非常に強い調子で迫った」と米CBSテレビが報じた。

事件としては、発生時期が新しい米人記者解放が先に解決して、
長年問題の解決に至らない、日本人拉致問題がいっこうに進展しない
今回の、訪朝報道でクリントン夫妻が北朝鮮に発したメッセージが
拉致問題の解決に大きく貢献する事を期待する。

くどいようですが、日本の政治家は情けない。
posted by 靖庸 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2009年08月03日

植草一秀さんが収監されました。おかしな判決

刑事事件弁護団声明                          
                                        
2009年8月3日
 
1 最高裁第三小法廷は,植草一秀氏に対する東京都迷惑防止条例違反被告事件に ついて,平成21年6月25日上告を棄却し,植草氏が異議を申立てましたが, 同年7月6日異議申立は棄却され,懲役4ヶ月,未決勾留日数60日参入の実刑 判決が確定しました。                            
本日,植草氏は,午後1時30分に,東京高等検察庁に呼び出しを受け,収監されました。
2 植草氏は逮捕されて以来,現在に至るまで,一貫して自分は犯人ではないと無罪を訴え続けてきました。
  痴漢事件では,誤った被害者の供述によって,無実の者が逮捕され犯人に仕立て上げられる危険性が高いことは周知のとおりです。
  本年4月14日の防衛医大教授逆転無罪判決では,同じ最高裁第三小法廷が「本件のような満員電車内の痴漢事件においては,被害事実や犯人の特定について物的証拠等の客観的証拠が得られにくく,被害者の供述が唯一の証拠である場 合も多い上,被害者の思い込みその他により被害申告がされて犯人と特定された 場合,その者が有効な防御を行うことが容易ではないという特質が認められることから,これらの点を考慮した上で特に慎重な判断をすることが求められる。」との判例を出したばかりです。
(植草一秀の『知られざる真実』より)続きを読む
posted by 靖庸 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2009年07月27日

正確な報道がなされていない現実、問題は他にある

外資系保険会社アリコジャパンの顧客情報が大量に流出した問題で、同社は27日、不正利用の可能性があるとしてクレジットカード会社から照会のあった顧客情報が、約2200件に上ることを明らかにした。いずれもカード会社が事前に気づいたため、実際の金銭的被害は報告されていないが、最大約13万件が流出した可能性があるという。

 アリコによると、カード番号などの顧客情報を管理する米国の基幹コンピューターにアクセスする権限を持つ社員は、日本国内ではシステム部門の約40人に限られ、USBなどの外部媒体に情報をコピーすることのできる社員はこのうち2人だけだった。社員のネットワーク使用履歴などを調べたが、これまでに情報流出につながるアクセスは確認されていないという。(産経ニースより)

今回の、アリコの顧客情報漏洩問題で、不明な点がある。

続きを読む
posted by 靖庸 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | News

2009年07月24日

ジャパネットたかたに学ぶ個人情報漏洩事件

ジャパネットたかたで、2004年3月9日、利用者の顧客リストが社外へと流出する事件が発覚。

同社は事件が発覚した3月9日より同月12日まで毎日、またその後は事業再開まで1週間毎に謝罪と報告を繰り返した。
2004年4月24日まで一連の広告活動や商品の販売を自粛した。
ジャパネットたかたのこの事後対処は、企業の社会責任の果たし方として後に、企業のリスク管理のお手本となった事例です。

会社の精算もありうる経済的なダメージを受けながらも、失った信頼を再構築する努力にユーザーは、非難より支援の気持でますます、ジャパネットたかたのファンが増えたと記憶しています。

続きを読む
posted by 靖庸 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | News